大規模修繕工事を神奈川でしたところ入居者から好評でした

バリアフリーを取り入れてもらいました

複数の会社で見積をとりましたバリアフリーを取り入れてもらいました工事をして本当によかった

今回の工事にあたってはバリアフリーを取り入れてもらいました。
入居者に高齢者が多かったこともあり、利便性を追求しようと考えたのです。
修繕積立金で間に合う範囲内で工事を計画し、老朽化している部分の修繕もすべて行えました。
修繕をしないほうがお得と考える人はいるでしょうが、マンションは傷み始めると非常に早いそうです。
結果的に大規模修繕工事をしたほうがコスト減につながると施工会社から聞かされました。
施工内容は入居者にしっかりと伝えて同意を得ました。
工事中は騒音で迷惑をかけることになりますし、足場を組むので部屋が暗くなることも説明したのです。
説明不足はトラブルにつながることをよく知っていましたので、ここはとにかく徹底しましたね。
工事の優先順位に関しても説明をしたら、みな理解をしてくれましたね。
やはり自分が住んでいるマンションには思い入れがありますから、工事中は迷惑をかけることがあると話したとき、快く同意してくれる人が多かったです。
近隣住民の方にも迷惑をかけてしまうので、チラシでお伝えしたり挨拶をしたりしました。
工事期間は長くなってしまいますので、ここは入念に済ませましたね。

神奈川県横浜市のマンション大規模修繕工事 https://t.co/xajCOEN6nA

— Wing The Top株式会社 (@WingTheTop2) 2018年7月4日